Monozukuri Hardware Cup 2019の優勝副賞30万円や参加交通費3万円が今年も決定しました!!

モノづくり起業 推進協議会の関です。 2019年3月13日に開催されるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」の応募締め切りが、2週間後(12月31日)に迫っています。 Monozukuri Hardware Cup 2019 コンテスト応募要項(応募締切: 2018年12月31日23時59分) Monozukuri Hardware Cupは、「世界を舞台に活躍する日本のモノづくりスタートアップ企業」の登竜門として、米国進出を狙っているハードウェア・スタートアップの足がかりを作る目的で、モノづくり起業 推進協議会が主催するピッチコンテストです。2019年3月13日に開催される「Monozukuri Hardware Cup 2019」は日本における3度目の開催になります。このコンテストは2015年から米国で開催されている「Hardware Cup」の日本予選という位置づけになっています。 決勝参加者への交通費と、上位入賞チームへの副賞が決定 日本で開催されるMonozukuri Hardware Cupでは、1位のチームが米ピッツバーグで開催される国際決勝への参加権を手に入れるだけでなく、2位3位に入賞したチームに対しても、渡米に必要な支援として、渡航費への補助(1位30万円、2位20万円、3位10万円)を提供します。さらに入賞チームは3社とも会場での製品デモが可能なほか、米国の投資家などとの打ち合わせにも参加できます。詳しくは以下の発表をご覧ください。 ハードウェアスタートアップの世界への登竜門の締切迫る!〜優勝副賞は30万円〜…

ファイナリスト8チームがしのぎを削る大接戦、ハチたまが優勝、チャレナジーとスマートショッピングと米ピッツバーグの決勝イベントへ

モノづくり起業 推進協議会の関です。去る2月27日に「Monozukuri Hardware Cup 2018」が大阪で開催されました。ファイナリストに選ばれた8チームが英語でのピッチと質疑応答でビジネスプランを競い、「ハチたま」が見事に優勝しました! 2位の「チャレナジー」、3位の「スマートショッピング」と共に、世界決勝が開催される米ピッツバーグへの参加権などを獲得しました。みなさま、おめでとうございます&出場されたみなさま、お疲れ様でした! 当日の詳しい様子はThe Bridgeの池田さんに取材していただいていますので、そちらの記事からどうぞ。 Monozukuri Hardware Cupでファイナリスト8チームがピッチ登壇—-ハチたま、チャレナジー、スマートショッピングが、米本家参加権を獲得 次は、4月18日に米ピッツバーグで開催される世界決勝「International Hardware Cup 2018」ですが、選出された3チームは米ニューヨークで開催される「Monozukuri Demo Day」などに参加します。「世界を舞台に活躍する日本のモノづくりスタートアップ企業の登竜門」と位置付ける「Monozukuri Hardware Cup」を通して、1社でも多くのスタートアップが日本を飛び出して、さらなる活躍をしていただけるように、モノづくり起業 推進協議会は一丸となって、スタートアップのみなさまを支援していきたいと考えています!

Monozukuri Hardware Cup 2018のピッチコンテストに駒を進める8社が決定!

モノづくり起業 推進協議会の関です。昨年以上の激戦となったMonozukuri Hardware Cup 2018。書類選考にも時間をかけさせていただきましたが、本日、発表することになりました!! 第2回Monozukuri Hardware Cupのファイナリストは、以下の8社になります(サイトのメニューに「コンテスト登壇者一覧」を追加し、審査員とともに掲載しています)。 Monozukuri Hardware Cup 2018へ進出するスタートアップ8社 (ABC順) 16Lab(神奈川) 世界最小のIoT/Wearable用モジュールによるプラットフォーム事業 チャレナジー(東京) 台風でも発電可能な次世代風力発電機及び電力サービスの提供 ハチたま(東京) 猫の健康問題を解決する世界初のねこIoTトイレ「TOLETTA(トレッタ)」 歯っぴ~(熊本) 人生100年時代に必要な歯磨きサービスの提供 ibot(東京) 椅子を自動で運ぶロボットの開発 みまもーら(東京) 世界最小サイズのLoRa+GPS搭載デバイスを採用した見守りサービス…

Monozukuri Hardware Cup 2018の応募を締切。ご応募ありがとうございます!

モノづくり起業 推進協議会の関です。2018年、あけましておめでとうございます! 第2回目の開催となるMonozukuri Hardware Cup 2018の応募を締め切らせていただきました。応募総数は27件で、昨年度に比べて3件増となりました! 早速、書類選考を開始し、1月末までに、ピッチコンテストの地区予選に進出する8社を発表したいと考えております。 それでは2018年も、Monozukuri Hardware Cupならびにモノづくり起業 推進協議会をよろしくお願いいたします。

2018年は2月27日に大阪で開催! モノづくりスタートアップの世界への登竜門に

モノづくり起業 推進協議会の関です。 2017年は3社のモノづくりスタートアップを米国に送り込み、ニューヨークやピッツバーグでのミートアップやピッチコンテスト、投資家ミーティングなどを実現した「Monozukuri Hardware Cup」の2018年の開催が決まりました。 第2回の開催になる「Monozukuri Hardware Cup 2018」は、前回に引き続きHack Osaka 2018との共催で、2018年2月27日(火)に大阪のグランフロント大阪で開催されます。 詳しくは、モノづくり起業 推進協議会が発表したプレスリリースをご覧ください。 世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャーが集合! 「Monozukuri Hardware Cup 2018」開催 モノづくり起業 推進協議会(以下「本協議会」)は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテスト第2回「Monozukuri Hardware Cup 2018」 を、2018年2月27日(火)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催します。このコンテストは2015年から米国ピッツバーグにて開催されている「Hardware Cup…