日本決勝はstakが優勝、muiが2位、Xela Roboticsが3位に!

モノづくり起業 推進協議会の関です。去る3月13日に「Monozukuri Hardware Cup 2019」が大阪で開催されました。ファイナリストに選ばれた8チームが英語でのピッチと質疑応答でビジネスプランを競い、「stak」が見事に優勝しました! 2位の「mui」、3位の「Xela Robotics」と共に、世界決勝が開催される米ピッツバーグへの参加権などを獲得しました。みなさま、おめでとうございます&出場されたみなさま、お疲れ様でした!

(注: 3位のXela Roboticsは世界決勝への参加を辞退されたため、FutuRocketが参加します)

当日の詳しい様子はThe Bridgeの記事からどうぞ。

Monozukuri Hardware Cupでファイナリスト8チームがピッチ登壇—-stak、mui、Xela Roboticsが、米本家参加権を獲得

Monozukuri Hardware Cup 2019 Award.jpg

次は、5月15日に米ピッツバーグで開催される世界決勝「International Hardware Cup 2019」ですが、選出された3チームは米ニューヨークで開催される「Monozukuri Demo Day」などに参加します。「世界を舞台に活躍する日本のモノづくりスタートアップ企業の登竜門」と位置付ける「Monozukuri Hardware Cup」を通して、1社でも多くのスタートアップが日本を飛び出して、さらなる活躍をしていただけるように、モノづくり起業 推進協議会は一丸となって、スタートアップのみなさまを支援していきたいと考えています!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *