ファイナリスト8チームがしのぎを削る大接戦、QDレーザが優勝、PLENGoerやVAQSOと米ピッツバーグの決勝イベントへ

去る2月9日に「Monozukuri Hardware Cup 2017」が大阪で開催されました。ファイナリストに選ばれた8チームが英語でのピッチと質疑応答でビジネスプランを競い、「QDレーザ」が見事に優勝しました! 2位の「PLENGoer」、3位の「VAQSO」と共に、世界決勝が開催される米ピッツバーグへの参加権などを獲得しました。

Monozukuri Hardware Cup 2017のピッチコンテストに駒を進める8社が決定!

新年早々ラスベガスのCES 2017に出張しながら、Monozukuri Hardware Cup 2017の書類審査のお手伝いを進めてきましたが、1月9日に無事、最終選考を終えることができました。1月10日から審査に通過したスタートアップの方々に連絡を取り始め、さまざまな確認事項を済ませて本日、発表することになりました!! 栄えある第1回Monozukuri Hardware Cupのファイナリストは、以下の8社になります

Monozukuri Hardware Cup 2017の応募を締切。ご応募ありがとうございます!

モノづくり起業 推進協議会の関です。2017年、あけましておめでとうございます! 先ほど初開催となるMonozukuri Hardware Cup 2017の応募を締め切らせていただきました。応募総数は25件、うち1件の重複がありましたので(英語と日本語でそれぞれご応募いただいた会社が1社ありました。ありがとうございます!)、応募総数は24件となりました。 初めての開催で海の物とも山の物ともつかない状況の中、しかも応募受付の開始から締切まで1か月足らずで準備期間もなかった中、これだけ多くの方から応募していただけたことに、スタッフ一同、感謝にたえません。 早速、書類選考を開始し、遅くても連休明けの1月10日(火)までに、ピッチコンテストの地区予選に進出する8社を発表したいと考えております。 それでは2017年も、Monozukuri Hardware Cupならびにモノづくり起業 推進協議会をよろしくお願いいたします。

コンテストへの応募締切が間近! 観戦希望者はHack Osakaにお申込みを!

モノづくり起業 推進協議会の関です。 2017年2月9日に開催されるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」の応募締め切りが、今週の土曜(12月31日)に迫っています。 Monozukuri Hardware Cup 2017 応募フォーム(締切: 2016年12月31日23時59分) Monozukuri Hardware Cupは、「世界を舞台に活躍する日本のモノづくりスタートアップ企業」の登竜門として、米国進出を狙っているハードウェア・スタートアップの足がかりを作る目的で、モノづくり起業 推進協議会が主催するピッチコンテストです。2017年2月9日に開催される「Monozukuri Hardware Cup 2017」が日本における初開催になります。このコンテストは2015年から米国で開催されている「National Hardware Cup」の日本地区予選という位置づけになっています。 National Hardware Cup 2017は米国では、2月7日開催の西海岸地区予選を皮切りに、全米7都市で地区予選が開催されます。地区予選で優勝したチームは賞金3000ドルに加えて、2017年4月に開催される決勝戦(Hardware…

Monozukuri Hardware Cup 2017 説明会を大阪で開催します

モノづくり起業 推進協議会の関です。 Monozukuri Hardware Cup 2017の応募方法やイベントの概要、メリットなどをご紹介する説明会の第二弾のお知らせです。 月曜の東京での説明会と同様の内容で、今週の金曜(12/16)に大阪で開催いたします。コンテストへの参加をご検討の方は是非ご参加ください! 12月16日(金) 19時〜 GVH#5(阪急ファイブアネックスビル内11F): Monozukuri Hardware Cup 2017説明会 応募締め切りまであと2週間強を残すばかりですが、みなさまのご応募をお待ちしております!

Monozukuri Hardware Cup 2017 説明会を東京で開催します

モノづくり起業 推進協議会の関です。 Monozukuri Hardware Cup 2017の応募方法やイベントの概要、メリットなどをご紹介する説明会を、東京や関西で開催予定です。 第一弾として、来週の月曜(12/12)に東京で開催いたします。コンテストへの参加をご検討の方は是非ご参加ください! 12月12日(月) 19時〜 TechShop Tokyo(東京・港区): Monozukuri Hardware Cup 2017説明会 関西での説明会も、確定し次第、また告知させていただきます。またHardware Cupのお膝元、ピッツバーグのAlphaLab Gearから、日本予選の優勝チームへのプレゼントのお知らせも予定しています。Stay tuned!

Monozukuri Hardware Cup 2017への応募受付を始めました

モノづくり起業 推進協議会の関です。ハードウェア・スタートアップ向けのピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」への応募の受付を開始しました。 コンテスト応募要項 コンテストまでの流れ コンテストに応募される方は、以下の「Monozukuri Hardware Cup 2017 応募フォーム」に飛び、必要事項をご記入のうえ、ご応募ください(締切: 2016年12月31日23時59分)。 2017年1月9日までに最大8チームを選出し、個別にご連絡の上、このサイト上に公開します。選出されたチームは2017年2月9日に開催されるピッチコンテストに出場することができます。 なお選考にあたって、メールや電話などでコンタクトさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。 (後略) 2016年5月に開催されたHardware Cupの表彰式 Monozukuri Hardware Cup 2017は、米国で2015年から開催されている「Hardware Cup」の日本予選という位置づけです。Hardware Cupは2016年度は全米9都市で地区予選を実施し、各都市で勝ち上がった9社とワイルドカードで復活した1社の計10社で決勝(Hardware Cup…

Monozukuri Hardware Cup 2017が、経済産業省のイベントでアナウンス

モノづくり起業 推進協議会の関です。 米国市場を目指すモノづくりスタートアップの登竜門である「Monozukuri Hardware Cup 2017」が、経済産業省が主催するイベント「日本発グローバル・ベンチャー公開選考会」の基調講演「日本のベンチャー 2020」の中で発表されました。 経済産業省新規産業室の石井芳明調整官が「日本のベンチャー 2020」と題した基調講演では、従来の縦割り行政ではなく、複数の省庁が日本のスタートアップへの支援に一丸となって取り組むことが説明されました。また経済産業省が、日本で有望視されるスタートアップに世界を経験してもらうためのプログラム「飛躍 Next Enterprise」の紹介がありました。 同プログラムでは、シリコンバレーやニューヨークなどの都市にスタートアップを派遣するのですが、その一つとしてテキサス州オースティンで開催されるイベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」に派遣するスタートアップを決める「公開選考会」が、この講演の後にスケジュールされていました。 こうした政府からの取り組み以外にも、海外でのビジネスプランコンテストへ出場するための民間からの取り組みとして、Monozukuri Hardware Cup 2017が紹介されました。 Monozukuri Hardware Cupは、書類選考を勝ち残った8つのハードウェア・スタートアップによるピッチコンテストで、優勝チームは米国で開催される「Hardware Cup」の決勝大会に出場することができます。 同様の予選は、韓国やイスラエルなど複数の国で開催されるほか、ニューヨークなど米国の複数の都市でも開催されますので、決勝大会は全米で勝ち残ったスタートアップとの競合コンペになります。また決勝大会の翌日には、VCなどの投資家との面談もセットアップされます。 このブログでは、来る2017年2月9日に日本で初めて開催されるMonozukuri Hardware Cup 2017について、いろいろと情報発信していく予定です。ご期待ください!

Monozukuri Hardware Cup 2017が2017年2月9日に大阪で開催されます

ハードウェア・スタートアップ対象のピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」が、2017年2月9日に大阪で開催されることが正式に発表されました。詳しくは、モノづくり起業 推進協議会が発表したプレスリリースをご覧ください。 日本のハードウェア・スタートアップを世界へ! ピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」を2月に開催 モノづくり起業 推進協議会(会長: 牧野成将)は、ハードウェアを開発するスタートアップ企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」を、「国際イノベーション会議Hack Osaka 2017」の会場協賛のもと、2017年2月9日(木)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催します(後援: 経済産業省、日本ベンチャーキャピタル協会)。 本コンテストは、米国ピッツバーグ市で2017年4月に開催される「Hardware Cup 2017 Finals」の出場権をかけたものです。プレゼンテーション、質疑応答などのやり取りすべてを英語で実施することで、「世界を舞台に活躍する日本のモノづくりスタートアップ企業」の登竜門と位置付けます。「Hardware Cup」は2015年から開催されているハードウェア・スタートアップ専門のビジネスプランコンテストで、2015年は全米7都市で、2016年は全米9都市で、それぞれ予選が実施されています。2017年は予選を米国の都市以外にも広げ、ハードウェア・スタートアップに対する普及・啓蒙活動を世界規模で実施します。すでに韓国の参加が決まっているほか、イスラエルやインド、カナダでも予選を実施する予定です。